苦の耐性 :現代病

cocorotkn 2007年3月23日 by cocorotkn

「苦の耐性」と、聞けば、

苦しみに耐え忍べと言う感じに受け取られそうですが、

そうではありません。

 

何事にも、「産みの苦しみ」と言うものが付いて回ります。

何か新しいことをする時には、そんなにスムーズに物事は進みません。

必ず、壁にぶつかり、思うように事が旨く進まないものです。

その壁を乗り越えてこそ自信になり、

新たなる力を生んでいきます。

 

この積み重ねにより、人間は強く成長をしていきます。

 

しかし、現代はこの「苦の耐性」に対して弱い人が増えています。

壁にぶつかるとすぐに諦めています。

ちょっと失敗したり、

物事が思うように進まなかったりするとすぐに諦めます。

そして、その失敗を認めたくないので、

弱音を吐いて、

人のせいにして、

言い訳を考えます。

傷つきたくないから。

 

でも後から、この「しっぺ返し」が廻ってくることに気づかずに!

 

しかし、今は「苦の耐性」が出来ない環境がいっぱいあります。

無理をしなくても良いのです。

無理をしなくても、

何とか生きていけるのです。

誰かが変わりにやってくれたり、

周りが諦めたりして!

恵まれ過ぎています。

しんどい事、

苦しい事、

辛い事、

悲しい事などを

無理して頑張って乗り越えなくても、

まぁその時さえ何とかいければいいじゃないか。

こんな思いを、心の片隅に持っていませんか?

自分らしく生きたくないならば、それも良いのですが、そんな事は嫌だと思います。

 

自分らしく生きるために、

「ひと踏ん張り」して見ませんか?

頑張って、乗り越えてやり遂げた「達成感」は素晴らしいものですよ。

この「達成感」がまた次の力を生みます。

自信になり「やれば出来るんだ」と。

 

「弱音」を吐く前に、ひと踏ん張り頑張ってみませんか!

コメントは受け付けていません。