TKN心理サロンブログ: 苦・考・選・行

yokoitomizou 2013年9月25日 by yokoitomizou

IMG_0525 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、カウンセリングのシンポジウムに参加してきました。

そこで出た質疑なのですか、

 

 

「うちの子は、部屋が汚い。

片付けが出来ない。

どうすれば出来るようになるのでしょうか?」と

言う質問でした。

 

そしてその回答が、

「今の子供たちは過干渉、

過保護になり過ぎていて、

身動きが出来ない状態になっている。

だから、直ぐに諦めてしまう。

根気がない。」

 

「苦・考・選・行が出来ない環境で育っている。

物事にぶつかり苦しみ、

どうしたら良いか色んな方法を考え、

そしてそこから一番ベストの方法を選び、

実際に行動して解決する。」という回答でした。

 

 

「うん、確かに言える」今の子供たちにはよく言える事だと思いました。

そして同時に、私たちの「悩み」にも言える事です。

日常生活の中で悩み、苦しみは常に付きまといます。

 

その事を先延ばしにしても何の解決にもなりません。

かえってこじれるだけです。

 

悩みは、ある意味の信号です。

問題点に気づき、改善する事を求めている信号です。

 

そんな苦しいのは嫌だから、どの様にすれば改善できるか考えます。

そして、色んな事考えて、選択肢を一杯見つけます。

その選択肢の中から、一番ベストの方法を選び、行動を起こします。

 

その時に、カウンセラーが「答え」を出すと、自分で悩みを解決しようとしなくなります。

 

答えは「自分の中に有ります。」だって「自分で創り出した問題」なのですから!

 

過干渉、過保護は却って、その人の自律の芽を摘む事になります。

自分で悩み苦しみ、考え、答えを選び、実践行動を起こす。

「苦の耐性」をしっかり身につける事が大切ですね。 😳

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。