GW:親バカ

cocorotkn 2007年5月2日 by cocorotkn

アイススケートに行って行きました。

20数年ぶりのスケートだけに滑れるかどうか、ちょっと不安でした。

頭で記憶しているイメージは、

若い頃のままの姿ですが、

実際は52歳のおじさんです。

でも、子供の前では「勇姿?を見せなければ」とのプレッシャーもありました。

 

ともかく感触を取り戻すために、ひとりでリンクに。

やはり身体が付いてきません。

手すりを持ちながら何とか一周(転びながら。しっかり子供達に見られていました)。

 

今度は、一度靴を履き直して、子供達と一緒にリンクに!

子供達は怖がりながらも、キャーキャー言ってリンクに入っていきました。

手すりにしがみ付きながら、片手は私の手を握り締めて。

少しずつ頑張っているうちに、私も慣れてきて滑れるようになってきたので、

手すりから子供の手を離し二人で滑って行きました。(子供の手をひっぱて、滑らしているのですが)

 

当初の思いでは、

氷の上に立つのも儘ならず、

こけたりするだけで滑れないので、

すぐに飽きてしまい、

帰るというと思っていたのですが、

子供達はいっぱい頑張って、

上の娘は、一人で滑れるようになっていました。

 

下の子も私の手を離して滑ろうと頑張っていました。

少し滑れることが自信になり、

嬉しかったのでしょう、

もう1週滑ると何回のアピールしていました。

 

今までの娘達ならば、

少し思うようにならなければ、

すぐに諦めていたのですが、

頑張れば出来る。

出来れば楽しい。

楽しいからまた頑張ってみる。

この事を、いつの間にやら身に付けたようです。

 

旨くいかなくても、

頑張った姿を褒めてあげる、

認めてあげる事が素晴らしい力になることを、

あらためて実感させられました!

 

子供の姿に、勉強させられる事が多々あります。
ちなみに、あくる日に筋肉痛にはなりませんでした。
今日現在も、問題ないところを見ると、大丈夫なようです。
 
今回もまた「親ばか」でした。

コメントは受け付けていません。