巣立ち: 生きるもの

cocorotkn 2007年5月29日 by cocorotkn

先日まで元気だった、ツバメのひな鳥たちが、昨日から姿が見えなくなりました。

どうも、昨日の明け方の冷え込みが災いしたのか、

それとも外敵に襲われたのか?

自然界の厳しい掟があったようです。
 

親鳥達は、ひな鳥たちがまだ眠っていると思い、

一生懸命エサを口にくわえて運んできていました。

いつもは、親鳥が巣に近づくと、

ひな鳥たちは、我先に鳴きエサを貰うのですが、

反応が無いので傍の電線に止まり、待っています。

片方の親鳥は一生懸命エサを採りに行き、

電線に止まっている親鳥にエサを渡していました。

その姿を見ていると、とても悲しい思いでした。

 

何かの間違いで、

今日の朝には元気なひな鳥達が、鳴いている事を願いましたが、

空しい願いでした。

巣立ち羽ばたく姿を、心待ちにしていただけに!

 

学校に出かけるときに巣を見ると、親鳥が巣の傍でじっとしていました。
子を思う姿でした。

人間の世界だけでなく、

動物、生き物の世界でも「子を思う姿」に代わりが無い事を、

実感させられました。

 

今の世の中、案外人間の世界の方が、薄情かもしれません。
 

出来る事ならば明日、ひな鳥の鳴き声が聞ければと、心から願います。
天国へ巣立っていったのかな?

コメントは受け付けていません。