心理カウンセラースタッフ日記:ダビダの5リズムワークショップ

masuimasayo 2013年10月22日 by masuimasayo

アメリカよりダビダを迎えてのワークショップが終わってから、時間が経ってしまいましたが感想をお伝えします。

私は5リズムのワークショップを3回受け、どれも違うティーチャーでした。

「5リズム」という理論がありますが、ティーチャーによって伝え方はそれぞれで、どれも興味深いものです。

 

今回のダビダの5リズムは、ダビダの誘導にしたがっていくと、知らない間に体が動いてくる、という不思議な感じがありました。

初日のダンスでは、日常生活での固まった体を感じ、「嫌やな~、私ダンスできるんかな~」と

不安でいっぱいでしたが、徐々にほぐれてくるのが分かり、ダビダは「自分の体のことのことを聞いてください」と、パーツごと、1回のリズム(テーマ)ごとに毎回丁寧に感じさせてくれました。

 

5リズムのとおりにダンスをしていくと心もそれぞれのリズムのテーマの気持ちに、

これまた知らない間になっている自分にビックリしました。

「こんなに人の気持ちってコロコロ変わるなんて、やっかいやな」なんて思っていたことが、

気持ちを感じるたびにスッキリしていきました。

始めはできなかった、「子供のようにはしゃげる」ことがみんなで出来たことが嬉しかったです。

 

う~ん、やっぱり文章で説明するのは難しいです!この不思議、体験して実感してもらいたいです。

 

私は、今まで普段でも一人でいることのほうが楽で、楽しかったし、自分の好きなことができると思っていました。

でも今回のワークは反対で、一人で自分のダンスをするより、ペアでのダンス、次にみんなのダンスを感じながら踊るにしたがって、楽しくなり、自分を感じることができていることに驚きました。(ペアでシェアしている時に気づきました)

「まわりのみんなの力」が素直に嬉しく感じられることに感動してました。

ペアダンスでも、今まではどうして踊ったらいいのか分からなかったのが、「ひざ動かへんねん~」とか言いながら

自分自身を踊ったり、相手のダンスを真似てみたり、「いろんなことしていいんだな」と思えました。

ダビダの、「周りの人の動きも見て、自分に取りいれてもいいよ(それから自分のものに変えて)」という言葉に、ホッとしたのを覚えています。

私自身、「人の真似をしてはダメ」「自分だけで生きていきなさい」というテーマがあったのだと思います。

また、相手を取り入れる恐怖もあるのかもしれません。でも、そうじゃないんだと感じられ、新たな自分が発見できた気がします。

 

本当に、ダビダマジックでした。通訳のマサヨさんのお力もすごかったです。ありがとうございました。

ダビダとは、ワークショップの前後もお話をさせていただきましたが、とてもキュートで写真のとおりの笑顔の素敵な先生でした。

全面的な優しさは、エサレンでお会いした方々を思い出しました。

また、お会いできるのを楽しみにしています!

 

~心理学を学ぶならTKN心理サロンへ~

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。