TKN心理サロンブログ:こうのとりのゆりかご

yokoitomizou 2013年11月26日 by yokoitomizou

テレビで「こうのとりのゆりかご」のドラマが放映されました。

 

2007年春に、設立された

「こうのとりのゆりかご」別名「赤ちゃんポスト」。

 

その当時はとても話題になりました。

賛否両論の意見が交わされ、本当に何が正しいのか?

 

私も、このニュースを聴いた時にブログに書きました。

2010年に出版された「揺れるいのち」も読みました。

 

運用されて3年間の記録と、症例が出ていました。

 

事実を知り、私なりの気持ちとしては当初書いた

ブログの気持ちに変わりは有りません。

 

行為は別として、

「92名の命」が救われたのですから。

 

ニュースで多くの子供虐待、育児放棄など、失われた命を聴きます。

 

「慈恵病院」の取り組みがなければ、

救われなかった命かも分かりません。

でも、問題はあるけれどともかく行動に起こす。

そしてその問題点を、

改善していく事がとても大事だと思います。

 

 

何が一番ベストなのかは、

行動を起こしてみなければ、

何も分かりません。

「机上の空論」等、幾ら考えても結果は出ません。

 

問題点、改善点が有れば、

勇気思って改善していく事がとても大切だと思います。

 

この改善があったからこそ、

再び我が子を引き取り、育てていった家族も生まれました。

その時その時、一番大切な事は何かを考えて、改善する事が素晴らしい事だと思います。

 

私たちの、日頃の生活にも言える事ですね。

 

総てのものは、常に変化をして行くのですから!

ブッタの「無常」でも在りますね。

 

因みに、時の総理大臣(現総理大臣でもあります)は

「受け入れられない事」を発言していまいしたが、

今はどうでしょうね?

変化をしているでしょうか?

 

 

20130909-143101.jpg

コメントは受け付けていません。