ややこしや!ややこしや! 正直者は、本当に正直者か?:世渡りの仕方

cocorotkn 2007年8月28日 by cocorotkn

あなたは、正直者ですか?

「はい」と、答えた人は、嘘つき者かも知れませよ!

 

先日、ある本を読んでいて、頭を「ガツン」と殴られた思いをしました。

「正直を良し」として、

伝えてきたのに、それが必ずしも、正しいとは言えない事を思い知らされました。
 

 

私たちは、本当に自分に対して、正直に生きていますか?

 

私たちは、「うそ」ついて生きています。
正直に生きれば、トラブルを起します。

自分が思ったことを正直に言って行動すれば、問題が発生します。

「うそ」を言わなければ、対人関係は問題を起すのです。

うまく「本音」と「建て前」を使い分けなければなりません。

 

極端な言い方なんで誤解しないで欲しいのですが、

昨日、茨城で起きた事件です。

相席を頼んで、殴られ殺された事件です。

 

こんな解釈が出来ます。

ある意味で、被害者も加害者も、自分に正直に行動したのです。

被害者は、

「座る席が無いので相席を望んだ。

そして、その席はお客さんが飲食で利用するところなので、

寝る場所はでない。」と思い、

その事を伝えた。

加害者は、

「注意されたことが気に入らない。腹が立った。」

だから殴った。殺してしまった。

 

双方とも、自分の気持ちに正直に行動しました。

(あくまでも、被害者の行動は正しいのですよ)

結果、あの悲惨な結果を招いてしまいました。

 

自分に気持に正直、

思うように、

欲望どうりに行動すればトラブルが発生します。

「お金が欲しい。だから人からお金を取った。」では困ります。

当然、お金が欲しくとも、

自分の正直な気持ちに「嘘」をつき我慢をします。

「嘘」と「正直」をうまく使い分けて、人生を生きていきます。

 

私たちは、幼い頃から親に「正直にしなさい」と言われ育てられました。

正しいです。

でも正直に、

家庭何で見たこと、

聴いた事を他人に言えば親から怒られます。

「そんな事を言っちゃダメ!わがままな子だ!」等と言われ

「嘘をつく」事を求められます。

 

私たちは、幼い頃から「嘘をつく」ように育てらています。

「正直者」は嘘つきです。

人から「正直な人。良い人。」と思われるように

「自分に嘘」をついて生きています。

 

「正直者」でも無く

「嘘つき」でも無く

「自己欺瞞」でも無く
「嘘と誠」をうまく使い分けて、

生きていきませんか?

 

何か矛盾していますか?

 

人間て「ややこしや?ややこしや?」

コメントは受け付けていません。