期待と淋しさ

cocorotkn 2006年12月20日 by cocorotkn

 いよいよ今年も終わりに近づきました。特に今年は、11年間活動していた「東大阪・布施」の地に別れを告げ、新たな地「大阪市内・難波」に本拠地を移動するために、慌ただしい毎日です。

今振り返ると11年はあっと言う間でした。OPEN当時は、まだまだメジャーでない世界でしたので、みんなに知ってもらい、認めてもらう為に大変でした。偏見の目で見られたこともあります。(正直かなり強かったです。)やがて少しづつ生徒さんが増えていき、色々な講座・セミナー・エサレン研修・エレンワトソンによるワークショップ等、充実した活動が出来ました。

入門講座も来月134期生を迎えるところまできました。総ての原点がある「布施」の地を離れるのは、淋しさと不安があります。
 しかし、長年の「夢」である「第2教室」を作り、「やすらぎの空間・みんなの居場所」を増やす事を実現するために、本拠地を移転する事を決めました。「布施」のTKNで学び、自分を見つめ直し、歩き出せた場所に愛着生徒さんには淋しいかもしれません。それは私とて同じ気持ちです。
それでも、更なる成長の為に必要だと思います。
幸いにも、卒業生が「布施校」を引き継いてもらえるので、期待が膨らみます。これからは「二つの教室」で関わっていきたく思います。
 今は、引越しの為にバタバタしてます。ようやく「難波本校」も内装が出来、机などが入ってきましたので、教室らしくなり準備が進んでいます。
 新年、1月6日より新しい教室が動き出します。少し遅れて「布施校」も活動を始めます。皆さんも新しい活動に、期待してください。
布施教室ありがとう!!

聴く: カウンセリングの基礎中の基礎

cocorotkn 2006年12月8日 by cocorotkn

カウンセリングでの、一番の基本は「聴く」です。

 

当たり前の事ですがこれがとても難しい。

初めてカウンセリングを行ったときのことを思い出します。

 

やっとの思いで、念願が叶ったカウンセリングでしたので意気込んでいましたが、当日時間が迫るとだんだん不安が押し寄せてきました。

今まで勉強してきた事をやっと活かせると思っていましたが、

いざとなると何をすればいいのか分からなくなってきました。

一体何をすればいいのか、

クライエント側に立ち、

どの様に受け止めるにはどうすればよいのか?

分からなくなってきました。

 

もともとカウンセリングには「マニュアル」などありません。

100の症例があれが、

100の関わり方が必要で、

100の謎を見つけなければなりません。

 

どんどんプレッシャーが掛かってきて、

焦りからスパーバイザーに対して思わず言ってしまいました。

「カウンセリングをどう進めていけばよいでしょうか、

何をすれば良いか分かりません。

クライエントの話を聞くことしか出来ません。」と、

その時、スパーバイザーから返ってきた言葉が

「クライエントの話が聴けたら充分だよ。」でした。

 

目から火が出る思いでした。

一番簡単そうで、一番難しい「聴く」をあまりにも簡単に考えていたのです。

一生忘れる事ができない体験でした。

 

TKNでも、卒業生達がライセンスコースを経て、カウンセリングを行っています。

この前もOGが始めてカウンセリングを行うとき、

以前の私と同じ事を言ってきました。

「私、話しを聞くしかできません。」と、

 

私は、これからも言い続けるでしょう「話しが聴ければ充分だよ。」と、

そして「聴く」と「聞く」の違いも!

幸せになりたくない症候群セミナー

cocorotkn 2006年12月6日 by cocorotkn

幸せになりたくない症候群 
なぜ私は、ダメ男・ダメ女に惹かれるのか?
幸せになれば、何か落ち着かず不安になる! 不幸せになれば何故かホッとする!
そんな人に、ピッタリのセミナーです
 今、TVで話題の「だめんずワォーカー」のからくりはこれです!
あなたは、ファザコン。それともマザコン。何故、私には素敵な恋人が現れないのだろうか!
今度こそ、こころから愛し合える恋人を見つけたのに、いつものようにつらい思いだけが残る。
せっかく楽しいデートのはずが、別れ際にはいつも嫌な感覚がついて廻る
あなたは、本当に好きな人を恋人にしていますか?
好きな人を恋人(好き人と結婚)にすると、幸せな恋(結婚)が続きます。
恋人が嫌になったり、結婚相手に嫌いになったりするのは、
あなたが、「幸せになれない人」・「嫌いな人」と恋をし、結婚をしたからです。何故でしょう?
その訳は、あなたの中にある『刻印付け』されたものが影響しています。
もしかしたら、マザコン・ファザコンかもしれません!あなたは。
ファザコン娘とマザコン息子は、どこか惹かれ合うのです。
父親・母親の影が、あなたたちに響いています。
日 時:       2007年1月6日(土)
               9:00AM~4:00PM
費 用:          32,000円
場 所:     日本マイクロカウンセリング協会
            TKN心理サロン・難波本校
新教室で行う、オープニングセミナーです。
 心当たりのある方は、是非受講をしてください。例年好評のため希望者が多く居られます。座席数に限りがありますので、申込は早い目にお願いします。

教室移転のお知らせ

cocorotkn 2006年12月6日 by cocorotkn

 11年間慣れ親しんだ布施の地から、拠点を難波の地に本校として移します。
交通便が良くなったり、却って悪くなる方も居られるとは思いますがよろしくお願いします。
 今まで狭い教室で肩を寄せあうようにして講座を行ってきましたが、スペースも広くなり、ゆったりとした雰囲気で学んでいただけます。
移転地:大阪市浪速区元町1-2-17 エスペラントビル 4F
電話 : 06-6777-2518
開校日: 2007年1月6日(土)
尚、年内の講座は、当所で12月21日(木)迄、行います。
また、現在の場所ではTKN心理サロン姉妹校・布施校として、OGの西川さんが中心に、
藤井先生、北川さん達OB・OGがこの教室で基礎課程(入門・上級クラス)の講座を行います。
近々、ホームページに地図などを掲載しますので、参照にしてください。
 また、オープニングセミナーとして好評の「幸せになりたくない症候群セミナー」を1月6日(土)に行います。詳細は後ほど掲載します。
現在の電話番号(06-6725-6483)は、移転後もつながりますので利用ください。また、HP・メールに関しては移転に伴いサーバー切り替えのため、一時的につながらない時があるかと思います。メールに関して返事が無い場合は、お手数ですが、再度連絡をお願いします。

赤ちゃんポスト:意見が対立した時

cocorotkn 2006年11月26日 by cocorotkn

「赤ちゃんポスト」

ネーミングとしては、的を射ていますが何かリアルすぎていますね。

 

この事に関しては賛否両論がいっぱいあると思います。
でも、救える命があるならば必要だと思います。

確かに親の子育て放棄だ、

命を粗末にする、

育っていく子供の将来はどうなるのか、

等、いろいろ意見があると思います。

 

しかし逆に言えば、

子供を育てていく生活力が無かったり、

虐待して子供を死なせたり、

捨ててしまって命を粗末にするぐらいならば、

「赤ちゃんポスト」で救われるほうが、幸せかもしれません。

 

この世に完璧・絶対など存在しません。

確かに「赤ちゃんポスト」の方法は完璧ではないと思います。

でもやって行くうちに問題点が見つかり、改善していく方が、

より良い方法が見つかっていくのです。

完璧なものを目指したら、何も出来ません。

だって完璧でない人間が作り上げていくのですから!

 

カウンセリングの技法の中で「勝負なし法」があります。(コミュニケーション技法でもあります。)

意見の対立が合った時、どちらの意見も完璧ではありません。

必ず良いところと、悪いところがあります。

そこを、相手に自分の意見に従え、変われといえば、喧嘩になります。

基本的に人間は、

自分が良くて、相手が悪い。

だから相手は自分に合わせるべきなんだ。

変わって当たり前なんだ、と思っています。

お互いに良いところを出し合って、一つの答えを出し実行して見ます。

でも、これも人間が作るものですから、「完璧」ではありません。

そこで問題点が見つかれば

又、改善していき、

より良いものに進化させていくのです。

 

今回の件も、

色んな意見を出し合って、

試行錯誤しながらより良いものに作り上げていく事が大切だと思います。

 

「ダメ」と言うのは簡単です。

でもそれでは何の改善も出来ません。

何もしないより、

先ず何かをしていく事の方を、

そして、そこからより良いものを作り上げていきましょう。

 

私たちの人生にもいえることですから!
    

 

「有言不実行」より「有言時実行」を選びましょう!
 

誰が楽に:家族療法

cocorotkn 2006年11月10日 by cocorotkn

講座の前後で、生徒さん達が相談事を持ってこられます。

特に入門クラスでは多いようです。

 

どうしても今、困っている事に振り回されている、せいではあるのですが。

仕事の相談、

友達付き合いのもめ事、

恋愛相談(これは特に多いですね)、

親との問題、

夫婦関係等色々です。

その中でも必死になって相談されるのが、子供のことです。

「いじめに遭っている」、

「登校拒否」、

「学校の先生とうまく合わない」、

「摂食障害」、

「学習障害。多動行動」など色々です。

 

親御さんにとっては必死です。

でもいつもお母さんばかりですが。

どのように接すれば良いか、

アドバイスは?、

など聞いてこられます。

同じトラブルでも、その子によって違います。

100の例があれば100の経緯があります。

その子に合った対処法が必要です。

 

短い時間の中ではありますが、

よく事情を聞き、

想定できる問題点を見つけ、

取りあえずの関わり方を伝えます。

 

お母さんは必死なので、帰ってすぐに実行されます。

その結果を翌週の講座の日に説明されて、

次の対処法を聞いてこられます。(本当に孤軍奮闘のようです。)

この様な事が、毎週のように繰り返される事があります。

そして少し子供が落ち着いたら、

ほっとされて、今まで頑張って来た事を忘れ、

またもとの関わり方をされます。

そして暫くすると、子供は又もとの状態に!

 

確かに、子供の為に必死で頑張られているのは分かります。

しかし、どこかおかしい所があります。

「子供のためならば何でも私はします。」

「どんな苦労もいといません。」

「私の関わり方が悪いから。」と訴えられます。

皆さん真剣です。

でも私の目から見るとどこかピントがズレているようです。

私の心に響いてくる声は

「今の苦しい私を分かって。

これだけ頑張っているのだから私が楽になる方法を教えて。」です。

 

気づかない間に叫んでいるときが多々あります。

このような状態の時は、子供は変わりません。

一度しっかりと「誰が楽になりたいのか」と言う事に気づいてください。

 

プラス、お父さんの協力もとても大切です。

 

二人三脚でないと乗り越えれません。

開設11周年:学校の成長

cocorotkn 2006年11月2日 by cocorotkn

明日、11月3日でTKN心理サロンも11周年を迎えます。早いものです。

あっという間の11年でした。

11年前を振り返ると今とは状況が変わってきました。

開設時には

「何するとこぞ」

「宗教集団」(特にオウム真理教の地下鉄サリン事件がありましたから。)

「変な人が来るところ」

時には「精神病の人が来るところ」(本当に差別用語的な言葉でした。)と言われました。
なかなか認知されなかったと言うのが、その当時の現状でした。

 

阪神大震災の影響で「心の問題」必要性を大きく取り上げられている時でしたが、

現実はまだまだ寂しい状態でした。

教室にはなかなか生徒が集まらず、

約一年間は、生徒さんがいない日が、

講座を行っている日よりも多い日々でした。

 

それでも、来てくれる生徒さんが自分らしく幸せになれるように、一生懸命関わりました。

しんどそうに学校に来られた生徒さんが、

帰る頃には「また、一週間頑張れます。」と、

笑顔になって帰られる姿を励みに、頑張ってきました。

 

やがて、生徒さん達も増えだし、いろいろな事が出来るようになりました。
始めは、入門・上級の基礎課程しか行っていませんでしたが、

もっと詳しく学びたいと言う生徒さんの希望で専科クラスが出来、

いろいろなセミナーも出来上がりました。

今では、セミナーだけで一年間埋る状態です。

海外研修の「エサレン研修」今では、単独で行えるようになりましたし、

エサレンから「エレン・ワトソン女史」を日本に招きワークショップを開催で来るほどに、成長できました。

 

あっという間の11年間。

ただ走りぬいた感じもあります。

しかし、自分で言うのも何なんですが「よく頑張ったな。」との思いがあります。

これからも決して驕らず、生徒さん・クライエント側に立って、関わっていきます。

 

明日から12年目更なるステップアップを目指しそして、

「TKN心理サロン」がみんなにとって、

やすらぎとなごみの空間になれるように努めていきます。

 

皆さんも見守ってください。

子供の叫び:いじめ

cocorotkn 2006年10月31日 by cocorotkn

この頃毎日のように学校での問題が、ニュースの話題になっています。

楽しい話題ならば良いのですが、悲しい出来事続きです。

 

「いじめによる自殺」この事が今回急に増えたかのように見えますが、

以前から水面下でうごめいていて、表面に出ていないだけだったのです。

 

教育現場では「いじめは無い」と言いますが、果たしてどうでしょう?

いじめ又はそれに近いものは本当に無いのでしょうか?

たぶんもっと一杯あると思います。

 

私は、この仕事の関係でよくPTAから依頼を受け、講演会に行きます。

学校の方に行けば、はじめに校長室で校長先生と話をしています。

ある学校で

「うちの学校では、いじめなどありません。みんな生徒同士が思いやり思って仲良く過ごしています。」と自慢されていました。

しかしすでにPTAの役員の方から、いじめがあることを知らされていました。

だってその為の講演会でしたから。

現実に蓋をして、ばれたくないのですね。

 

自殺が起きてからでは、遅いのです。

子供たちはいっぱい「こころの叫び」を訴えています。

その信号を受け止めなければならないのは私たち大人です。
ちょっとした仕草、おしゃべり、などに隠されています。

「私の苦しい気持ちを分かって欲しい。」と。

 

家や学校でのおしゃべりが減ってきた、

食欲が落ちてきた、

何か元気が無い、

親に話しかけようとして辞めてしまう、

など、ほんの小さな信号です。

 

子供たちも気づいて欲しい、

助けて欲しい、

思っているのに親が気づいてくれないならば、

とても寂しい、悲しい思いをします。

その上、

家のお金を抜いた、

服を破かれた、

怪我をさせられた等、

エスカレートされた信号が出ているのに気づいてくれなければ、

もう誰を頼ればいいのでしょうか!

 

自殺は、自らを殺す事により「自罰」をします。

そして同時に加害者を「他罰」します。

そして「こころの叫び」を分かってくれなかった大人たちをも「他罰」します。

 

こんな悲しい事件が繰り返されないように、しっかり子供たちを受け止める事をしましょう。

また、いじめた側の子供たちも、良心があれば苦しんでいるはずです。

その子達の心も救わねばなりません。

もうこれ以上犠牲者を出さないためにも。

臭いものに蓋をするのではなく、

しっかり事実を見つめ、

子供たちの一番ベストの答えを導いていくのが、

 

大人の役目です。
 

’06 エレンワトソンワークショップ

cocorotkn 2006年10月28日 by cocorotkn

エレン・ワトソンワークショップ
Dancing with The Light and The Shadow
with an Introduction to ESALEN® Massge
with Ellen Watson

 エレン・ワトソンを迎えての2回目のワークショップで10月7・8日に行いました。

昨年に引き続き期待のワークショップでした。

参加者も昨年より増え会場も手狭になる恐れがありましたので、

急遽会場を変更をする程の盛況でした。
 

今年は、エレンのワーク、プラス私の「マスクワーク」を行うため、

事前打ち合わせも兼ねて、

私の家に前泊してもらいました。

(英語力の無い私でしたので、家族総出でてんやわんやしていました。)
 

関空にエレンを迎えに行き、

ゲートよりエレンが出て来た時には、

今年のエサレン研修より約半年振りの再会とは言え、とても懐かしい思いでした。

ゲートから出てきたエレンは、いつもと変わらない「笑顔」でした。
 

昨年のワークで、生徒達がこころの底から感情が湧き出しているのに、

理性で押さえ込んでいる姿がありました。

(幼い時から、自然な感情を出す事は嫌われる思いからです。)

今年こそ、その感情をワークを通して吐き出せるように、エレンにお願いしていました。

快く引き受けてくれたエレンはワーク当日から、すごいパワーでした。

朝の5時から起き出し、ワーク中に使うダンス音楽を選んでいました。
 

二度目のワークの為に、だいたい流れも分かっているせいもあり、

生徒達も素直にワークに入りだしました。

今年のダンステーマ「ガブリエルの5リズム」に合わせ、

時にはゆっくり、時には激しく、時にはリズミカルに踊っていくと、

感情が湧き出し始めました。

 何時もなら感情が湧き出してきたら、

優しくハグをして受け止めるのですが、

今年は一切ストップが掛かりました。

感情を出し続けるために、ダンスを踊り続けるのです。

ハグをしたり動きを止めたりすると、

せっかく出てきた感情をためる事になるのです。

みんながサポートをして感情を出しながら踊り続けました。

普段の対応とは違うので意外に思われるかもしれません。

 

生徒達の質問でも出たのですが、

「子供が泣いている時、ハグをして受け止めれば子供は安心して泣き止む。

だから抱きしめる方(動きを止める)が良いのではないか。」と、

しかしエレンから返ってきた答えは

「たとえば子供は悲しい気持ちを分かって欲しいから泣いている。

でも、親はその意味を理解出来ず泣き止ますために抱きしめている。

これでは子供の気持ちを受け止めた事にならない、

子供は分かって貰えなくて、

我慢して泣き止んでいる。

だから泣きたい気持ちをしっかり出せるように関わっていく事が大事。」

私達は知らない間に、子供たちに感情を飲み込む事を教えていたようです。

(実を言えば、これはエレンの言葉の直訳ではありません。

今回は英語学校の講師を通訳として頼んでいたのですが、

心理学の言い回しは難しく直訳すると意味が通らない時がよくあります。

その為にいつも私が通訳から話を聞き、

生徒達が理解できるように例え方を変えて伝えています。

英語から日本語に日本語からカウンセリング語に訳しています。)
 

 

夜はマッサージセミナーでした。

今年は私共の生徒(野田・岩浅さん)がバリに行き(一ヶ月間)、

エレンの指導の下にエサレンマッサージのライセンスを取ってきました。

エレンと一緒に三人でエサレンマッサージのデモンストレーションを行いました。

彼女達にとってはみんなへのお披露目となりました。よく頑張ってライセンスを取得してくれました。
 
 

二日目は朝から、エレンのダンスワークと私のマスクワークのコラブレーションです。

事前に作成していた「シャドーマスク」をかぶり、

心の奥に閉じもめた「こころの叫び」を吐き出します。

先ず、私がみんなの思いを込めて、マスクをかぶりパフォーマンスダンスを行いました。

幼き時から飲み込んでしまった、悲しみ、苦しみ、怒り、妬み、恨み等を表現します。

本当はこの思いを親に分かって欲しかった。

叫んでも聴いてもらえなかった。

この思いを込めてみんなの「シャドーマスク」を代弁して「般若」の面をかぶりダンスを行いました。

怒り狂うが如く踊り続けるうちに生徒の中から、すすり泣く声が湧き出してきました。

やがてエレンが私を包むように優しく受けとめくれた時には、

私は心の底から大きな声で叫んでいました。

今までの思いをぶつけるが如く。

私の中にも眠っていた叫びのようでした。

後は、みんなが「シャドーマスク」をかぶってのダンスです。

すでに「心の扉」は、エレンのワークにより開き始めていました。

恐怖を感じながら、

怒りを感じながら、

悲しみを感じながら等、色々です。

私が生徒達に「般若面」を見せ付けると、

怒りを込めてぶつかって来る者、

恐怖に身を引く者、

泣き出す者等、各自の表現がでてきました。

ダンスが続くうち、

今まで溜め込みすぎていた感情が爆発が如く出て来て「絶叫」する者、

又は身体で表現するものなど、ワーク場内は感情の嵐でした。

やがて、エレンが一人ひとり「シャドーマスク」を外して行きました。

マスクを外した時、エレンの受け止めるが如くの優しい絵画を見て、

生徒達は救われる思いの顔になっていました。

みんな「ほっと」した顔に。

照明を暗く落としていたので、写真が撮れず載せれないのが残念です。
 
 

昼からは、総仕上げのダンスとクールダウンです。

みんなが、ワーク後も自分の感情を聴き続けてるように、

「ガブリエルの5リズム」を何回も何回も伝えいました。

ワーク最後は、エレンを中心にダンスをしながら、

エレンの元にみんなが集まりながら一つなり、

まるでエレンの子供になったように包まれ、エネルギーを貰い、クールダウンになりました。
 

 

今年もまた、清清しい気持ちと、

ぬくもりをしっかり感じ取り、

感動うちにワークショップが終わりました。

私としても想像以上の成果でした。

ダンス自身は昨年と比べればソフトでしたが、内容は濃く生徒達に響きました。

 

生徒達は今色々変化していっています。

自分の気持ちに素直に向きあえるようになり、続けています。
 

来年もまた、エレンは来日してワークショップを行ってくれることを約束してくれました。

関空に送る車内では、もう来年の構想を練り始め打ち合わせが始まりました。

エレンが約10年前にエサレンで

「スタニスラフ・グロフ(意識の作図学・無意識の地図・トランスパーソナル)」のワークを行いたい。

エサレンでもやっていないワークを行いたい。

シャドーをまた違う形で表現したい。と言い出しました。
 

早くも2007年のワークショップがスタートしだしました。

生徒達もこの話を聞きとても楽しみにしています。

'06エレンダンス-02
'06エレンダンス-03
'06エレンダンス-04
'06エレンダンス-05

Ellen Watson ワークショップ開催直前

cocorotkn 2006年10月5日 by cocorotkn

待望のエレンのワークショップが、明後日に迫りました。
今年も大変人気で、40名を超える参加者で行います。
昨年も感じた事なんですが、無機質な会場(今年は音楽ホールです)を、瞬く間に、エレンは「エサレン」の雰囲気変えます。その空間は、まるでエサレンに居ているようです。
総てが「OK」です。守られた空間で、みんなは安心して自分の心に問いかけます。誰の目も気にせずに!
エレンの「何があっても、それがあなた。良いも悪いもない。総てがあなたなのよ。」のスタンスが、みんなに「受け止められる」感覚を実感させます。
私自身も、カウンセリングの中で同じ空間が作れ、クライアントに伝わるように、日々努力をしています。
この素晴らしい、エレンに会える日が目の前です。
 エレンの「笑顔」「温もり」「やわらかい手」「包み込むハグ」に触れ合えます。
ワークショップ終了後の、レポートを楽しみにしていてください。
また新しい、気づきに出会えます!