TKN心理サロンブログ:「まぁ、いいか!」先送り

yokoitomizou 2014年10月14日 by yokoitomizou

「まぁ、いいっか!」って、先送りする事が多々ありますね。

 

それ自体が悪い訳ではありません。

時には必要です。

 

特に辛い時、苦しい時、悲しい時など、

それ自体に振り回されている時などは。

 

ちゃんと後で、決着を付けれるならば!

まったく問題は、ありません。

 

でも、そのまま「先送りっぱなし」にしがいがちに成りますね。

 

だって、楽ですものね。

 

対人関係や、

仕事の面でも、

時間が経てば、

何も無かったの如く済ます事が出来ますからね。

 

往々にして、これで済んでしまう事がよくあります。

 

でもこの付けは、キッチリとしっぺ返しをしてきます。

「倍返し」で!(ちょっと、古いですね 😳 )

 

問題が起きて困った事になっても、

「嫌な事なのだから、とりあえず置いとこ。だって、しんどい事は嫌だもん!」と、

人生を送ることもできます。

 

時間が経てば、「感情は収まる」のが「感情の法則」です。

 

辛い思いが収まれば、

わざわざ苦しい思いをせずとも「何も無かった。」事に出来ますからね。

 

「喉もと過ぎれば、熱さ忘れる!」です。

 

熱い時(辛い時)は、

皆さん「ギャァー、ギャァー」言いますが、

熱さが過ぎ去れば、みんな知らん顔です。

 

もったいない!

 

辛い事、苦しい事、悲しい事等は、「気付き」なのです。

「もうこんな苦しい事は嫌だから、変わろう。」って思いが湧きます。

無ければ、湧きません。

の信号を大切にして欲しいのです。

先送りにすればする程、「苦しみ」は倍増します。

 

本人が懲りるまで!

 

もし、それでも「先送り」をすると、

それは、次の世代に送る事に成ります。

 

自分の子供が、その尻拭いをしなければなりません。

 

子供がかわいそうです。

親の後始末をしなければ成らないなんて!

 

折角のこの信号をしっかりと、聴いてあげませんか?

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 体験講座への申込みはこちら!

 

コメントは受け付けていません。